呼吸の基本

心と呼吸の関係を深めるための呼吸は、鼻から吸って鼻から吐くのが基本的です。

口から息を吸うと、喉の粘膜が乾燥して免疫機能が低下してしまいます。

口から吐くと、口の開け方で呼吸量を調節してしまい、呼吸筋の動きをコントロールする練習になりません。

 

呼吸法を意識しすぎ、無理に胸をつり上げたり腹圧をかけたり、肩に力が入ってしまっては意味がありません。

大切なのは体の動きを感じ、息という風の流れを感じることです。

 

そして、呼吸を深める最大のカギは姿勢です。

 

できるだけ体の中心、下腹や骨盤の中央から力を発して姿勢を正し、

呼吸に関連する上半身は極力リラックスさせるようにしてください。力まずに呼吸することが大切です。

まずは、気持ち良く呼吸を行ってみましょう。

 

☆追伸☆

いくつになっても健康的にキレイでいたい女性のためのメルマガを発行しています。

よければご登録ください♪

 

ご予約はこちらから

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


The following two tabs change content below.
小森 博史

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。