ダイエットを繰り返したら痩せにくくなる?

ダイエットで20キロ痩せた院長小森です。

 

が、

 

無謀なダイエットも間でちょいちょいやっていたので

 

身体にダメージが・・・。

 

  • ・顔にニキビなど肌荒れが出来だした。
  • ・仕事中ふらつくことがしばしば。
  • ・朝、すごく起きづらくなった
  • ・痔(ヂ)になった。

 

などなど、

 

下手なダイエットは体重が減ってもモテ体質にはなれないことに

 

気付かされました。(;´Д`)イヤー

 

 

その中でも、

 

 

ダイエットすることで太りやすい体質になる。

 

 

という、恐ろしいことも体験したわけで(^^;)

 

 

 

なので、この太りやすくなる原理をお話しようと思います。

 

 

最初に、ちょっとした問題です。

 

 

体重が55キロで体脂肪率が35%のAさんと

 

体重が55キロで体脂肪率が25%のBさんが

 

一緒にお食事に行き、まったく同じものを食べました。

 

 

さて、どちらが太りやすいでしょ~か?

 

 

簡単でしたかねー。

 

正解はAさん。

 

 

同じ55キロの中に脂肪が25%なのと35%なのでは

 

その他の筋肉量や骨量の総数が違いますよね。

 

そりゃ、筋肉が少なくて脂肪が多い方がお肉付きやすいですよ、当然。

 

 

んで、本題。

 

 

55キロで体脂肪率35%の人が自己流ダイエットで

食事の量を減らしたり、運動して体重を45キロに落としました。

 

これはダイエット成功だと思いますか?

 

この数字だけだと素直に成功と言えないんですよねー。

 

 

さて、なぜでしょう?

 

さーみんなで考えよー!(←このフレーズわかる人は昭和人間☆)

 

ダイエットで本当に落としたいのは体重ですか?

 

それとも脂肪ですか?

 

 

もう、答えは出てますよねー(*´∀`*)

 

そうなんです。脂肪を落としたいのだから体脂肪率が減ってないと意味がない。

 

 

45キロにはなったものの、食事を減らしたことで脂肪より重い

 

筋肉や骨の量も落ちてしまっているんですねー、こわいですねー。

 

 

そんな体が心地よいはずもなく、楽な状態を求める体は・・・・

 

 

リ・バ・ウ・ン・ド♪(´Д`;)いやぁぁぁぁ

 

 

55キロに早戻り~。

 

 

とか、ぬるい話ではなく

 

 

55キロの体脂肪率38%の体に。(あくまで例えですが。)

 

 

リバウンドしたものが、減った筋肉ではなく脂肪なので

 

ダイエット前より体脂肪率アップ!

 

 

これを繰り返していくと・・・・。

 

 

はい、これが自己流ダイエットで陥りがちなパターンということでした。

 

 

次回は、

じゃあ、具体的にどーしたら筋肉量や骨量を残して脂肪を落とせるんじゃろな?

 

というお話をしたいと思いますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA