基礎代謝を低下させない工夫

E146_shinkyakusurudansei500

 

手っ取り早く

やせるスピードを落とさない方法。

 

それは

1日あたりの摂取カロリーを

少なくしていくこと。

 

だけど、

あまり極端に摂取カロリーを

減らしてしまうと

 

からだは危機感を感じて・・・

 

体脂肪を

蓄積しやすくなってしまう。

 

要するに

リバウンドしやすく

やせにくい体質になる。

 

ということなんです。

 

そこで!

 

大きなポイントとなってくるのが

 

「ダイエット中も

 基礎代謝をできるだけ

 低下させないようにする」こと。

 

基礎代謝は

体重が減ると減少します。

 

その基礎代謝が

体重の減りに比例して落ちないようにし

体脂肪の燃えるスピードを落とさないために

 

ダイエット中も

○○を落とさない必要があります。

 

○○に入る言葉わかりますか?

 

 

「命」

 

そうそう。

命あっての健康ですからね。

やっぱり命は大事・・・って

 

そんな重い話じゃありません・・・。

 

 

「財布」

 

いやーホントに

財布落としちゃったら

ストレスで落ちるものも

落なく・・・

 

 

石を投げないでください(;´Д`)

ジョーダンです。

 

マイケル・ジョーダン。

 

さて、

正解は

「筋肉」です。

 

なぜなら

「筋肉」は体内で

もっともたくさんエネルギーを

使っているから。

 

ここで1つ

ワンポイントアドバ~イス。

 

お腹の脂肪をしたいから

腹筋を頑張る!

これは意味がありません。

 

やせたい場所の筋肉を

使おうとする必要はありません。

 

体脂肪は現在ついている場所で

燃えるわけではないからです。

 

ですので

 

基礎代謝を低下させない工夫」は

 

なるべく普段の生活で

からだ全体を使ってみる。

 

ということになります。

 

世間的にも

言われていますが

 

エスカレーター

じゃなくて

階段

 

 

普段歩いているより

少し足早にしたり

歩幅を広くしてみる。

 

なんに関しても

大切なことは「コツコツ」ですね。

 

もし

運動がしたいようでしたら

「有酸素運動」がオススメです。

 

ここで

え~有酸素運動って20~30分

やらないと意味ないんじゃないの?

 

と、思われた方。

 

素晴らしい!

よく勉強されていると思います♪

 

けれど、

最新の研究で

軽い有酸素運動を

5分でも10分でもすると

筋肉の活性が高まり

基礎代謝が上がる。

 

と明らかにされています。

 

まずは

気が向いた時から

やってみる価値ありです☆

 

さらにここで

ワンポイントアドバァァイス!

 

「有酸素運動で体脂肪を

燃やすのはとってもむずかしい。」

 

です。

 

わかりやすく説明すると

 

脂肪1グラム落とすのに

9キロカロリー必要。

 

脂肪1キロ落とすのに

9000キロカロリー必要。

 

9000キロカロリーは

大体フルマラソン42.195キロ

を走れば落ちます。

 

ただし3回(笑)

 

あくまで

有酸素運動の目的は

 

 

「基礎代謝を高めること」

 

基礎代謝が高まれば

 

・運動していない時間も

カロリーの消費は増える。

 

・眠っていても、じっとしていても

カロリーは着実に消費される。

 

よって

 

やせるスピードが落ちない。

ココです!

 

長々書きましたが

 

言いたかったのはここなんですよ。

 

 

体重が落ちてくると

今までからだを動かすことが

おっくうだったのに

少しずつ動けるようになってきます。

 

楽しくダイエットを

続けていくためにも

基礎代謝アップ。

 

やってやりましょ~♪

 

 

>> 肥満の原因は体脂肪率。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA