日本お昼寝推進協会会員の西野(嘘)がお昼寝をした方がいい理由を教えます。

スポンサーリンク

日光がものすごく気持ちいい。

 

仕事中ですが、お昼寝したいな。

 

あぁ。悪魔のささやきが聞こえる。

 

あぁぁ

 

 

zzzzZZZZZ・・・。

 

こんにちは!

 

豊中緑地公縁の

癒し整体院くつろぎスタッフ 西野です。

 

天気がものすごく良いので

仕事中なんですが、

10分ほど夢の世界に旅立っていました。(ヤバいヤバい)

 

「日光がポカポカしてるから悪いんだ!」という

謎の言い訳をしつつ、ブログを更新しております。

 

でもね、聞いてください!

 

僕はただ単純に昼寝をしていた訳ではないんですよ。

 

お昼寝って実はめちゃくちゃメリットがあるんです。

 

健康面や仕事面から見ても、日常的に昼寝をするべきだと

【お昼寝推進協会会員】の僕(嘘です)が

声を大にして昼寝のメリットをお伝えしたいと思います。

 

知っていますか?

海外では「お昼寝タイム」を設けているような

会社もあるんですよ。

 

日本にも少しづつお昼寝タイムを取り入れている会社が

増えているそうなので、

もっと増えてくれれば嬉しいですね。

 

本当にお昼寝ってメリットあるの?

はい。たくさんあります。

ただし、ルールを守った上でのお話ですが。

 

お昼寝での深い眠りは基本NGです。

かえって頭がぼーっとしたり

夜眠れなくなったりするので

ルールはしっかり守りましょう。

 

ルールについては後ほどお伝えしますね♪

 

さて、お昼寝にはたくさんメリットがあるとお話しましたが

本当にたくさんあるので、今回は厳選して3つに絞ってお伝えしますね。

 

メリットその1 「短時間で超疲労回復」

 

お昼寝は短時間なのに疲労回復の効果絶大です。

その効果はなんと夜の睡眠3倍!

午前中に溜まった疲れを一気に吹き飛ばしてくれます。

 

仮に20分お昼寝をしたとすると

夜1時間寝たときと同じ効果が得られることになりますね。

 

メリットその2 「記憶力アァァッッップ!」

お昼寝中の脳は

午前中に入ってきた情報を整理してくれています。

 

ある研究によると、お昼寝をすることで

記憶力が通常5倍にもなるそうですよ。

 

「お昼寝をした学生」「お昼寝をしない学生」では

テストの点数に差がでた結果も。

受験前の学生さんなんかは特に知っておいた方がいい

情報ではないでしょうか。

 

さらに、脳が情報を整理してくれているので

お昼寝をしたあと、

いいアイデアが浮かんだり

集中力が一気に上がるなど

仕事の効率もぐーんっと上がります。

 

メリットその3 「眠気が吹き飛ぶ」

 

これはかなり重要。

 

昼食を食べたあとって

めちゃくちゃ眠くなりませんか?

僕なんかは昼食を食べたあと

いつもウトウトしてしまいます。

 

コーヒーでなんとか眠気を取ろうとするけれど

なかなか取れない。

 

そりゃそうですよ。

コーヒーに含まれているカフェインが眠気をとってくれますが、

カフェインが効果を発揮するのは20分〜30分後だと言われています。

 

ウトウトしながら仕事をすれば

当然、ミスの回数も増えますし、

運転が多い方でしたら事故にもつながりやすくなります。

 

それではかなり効率が悪いですよね。

なら、コーヒーでごまかすより

10分でもお昼寝をする方がよっぽど効率的です。

 

メリット1にもあるように

お昼寝の疲労回復効果は絶大です。

お昼寝にはリフレッシュ効果やストレス解消にもなるので、

起きたときにスッキリ感があると思います。

 

少しうたた寝をしただけなのに

「なんかスッキリしてる!」っていう経験ありませんでしたか?

5分や10分ぐらいのうたた寝でも

身体はものスゴイスピードで回復してくれているということです。

 

お昼寝のルール(注意点)

 

お昼寝のメリットいかがでしたか?

この3つだけでもお昼寝の価値はかなりあると思います。

 

そんなお昼寝ですが、間違った知識でしてしまうと、

かえって仕事に支障がでる場合があるので

その注意点をお伝えします。

 

お昼寝は20分までにしておく

お昼寝を30分以上してしまうと

身体は深い眠りに入ってしまいます。

一度深い眠りに入ってしまうと、

身体を起こすまでに時間がかかってしまい

眠気が取れなかったり

頭がぼーっとしたり

夜眠れなくなる可能性があるので、

30分以上の睡眠は避けましょう。

 

コーヒーはお昼寝する直前に飲もう

先ほど軽くお伝えしたように

 

コーヒーに含まれるカフェインが

効果を発揮し始めるのは、

コーヒーを飲んでから20分〜30分後です。

 

お昼寝で寝すぎるのを防止するためにも

お昼寝の直前でコーヒーを飲むことで

スッキリと起きることができます。

 

まとめます

 

お昼寝には

・体力の超回復

・記憶力、集中力の向上

・眠気の解消

などのメリットがあり、

 

お昼寝をする際には

・20分までに起きる

・寝る直前にコーヒーを飲む

ことに注意しましょう。

 

お昼寝術をマスターして

毎日元気に過ごせるよう心がけていきたいですね。

 

何かわからないことや知りたいことがあれば

お気軽にご相談ください♪

 

では!

西野

————————————————————–

ブログの内容より深いお役立ちの講座等を
LINE@にて無料でご案内してます^^

よければ
こちらからお友だち登録しておいてください。
プロ目線の情報が満載ですよ♪

友だち追加ボタン
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です