心と体のバランスを整えてコロナに打ち勝つ健康な心身を手に入れる方法

2022年になり、1ヶ月が過ぎました。仕事に家事に育児に、バタバタと休む時間もなく、毎日が過ぎていく人も多いことでしょう。

前回、心と体は連動している、というお話をしました。心に余裕がなくなれば、体に不調が出てきます。また逆も然り。今流行りのウイルスで更に心も体も余裕がなくなりつつ現代。そんな時こと、しっかり休むことがとても重要ですが、休めているでしょうか?

ストレスで心が崩れると身体にまで影響が出るのはアノ機能が働くせいだった…

2021年12月31日

 

「そもそも自分の時間を作る余裕がない」

「分かってはいるけどやることが多すぎてできない」

 「何をしていいのわからない」

 

仕事は残業なんて当たり前。育児は1分1秒待ってはくれません。

忙しくまとまった時間も取れないのに、どうしたらいいの?と思うかもしれません。

 

今はこのようなブログを書かせて頂いている私ですが、以前は知りませんでした。皆さんと同じです。休む時間を取れない私が悪いんだ。そう思っていました。それすらストレスになってしまうので、今となっては本当に負の循環でしかないですね。ここを見てくださっている貴女には、少しでも休む時間やバランスを取れる方法を知って欲しいです。1日でも早く、不調に悩まされる日々から抜け出していきましょう。

 

心身のバランスを崩す”ストレス”を感じやすい人に共通する4つの特徴

前回のホメオスタシスでもお話したように、バランスを保つのはとっても大切です。特にストレスによってバランスを崩しやすくなります。しかし、世の中バランスを上手く取れてる人もいれば取れていない人もいます。その違いはなんでしょうか

それはストレスが感じやすいかどうかです。ストレスを感じやすい人には特徴が4つあります

 

  1. 真面目すぎる
  2. 自分に厳しい
  3. なんでも完璧にしたい
  4. 仕事が趣味

 

心当たり、ありませんか?

 

感じやすい人はこれらによりストレスを他の人よりも多く感じてしまい、そのストレスでホメオスタシスのバランスが崩れ、色んな不調が出てきてしまいます。

またバランスが整っている人は、新しいことに対して意欲的になれます。新しい趣味を始めようと思ったり、休日はどこかへ出かけて見ようと思ったり。

対してバランスを取れていない人は、全てにおいて消極的になりがちです。新しいことを始めるのに不安になったり、休日も疲れるから寝たいなど、色々なことを諦めてしまいます。またそうすることで自己肯定感が下がる原因にもなります。

 

では何をしたらいいのでしょうか?

 

ストレスに強くなるため、日頃簡単にできる方法

それは、心と体のストレスに目を向けることです。

心にかかるストレスは、人間関係や金銭問題など自覚できる要因は多くあります。対策もその要因から離れることや、カウンセリングを受けることもできます。

体にかかるストレスは寒暖差や気圧、乾燥、日照時間などなど、外的要因のストレスも自覚してないだけで意外とあります。そんなことで?と思うかもしれませんが、想像以上に体にストレスを与えてるんです。

 

また心と体に大きな影響を与える物が2つ、あります。

 

日照時間の必要性と対策

1つは先程もあげた日照時間。もう1つは食事です。毎日欠かせない生活習慣の影響は、心と体に対してとても大きいんです。

 

今回は日照時間についてお話しようと思います。

人間の体内時計は24時間より少しズレているんです。何も意識をしていないと1日に数分ずつズレていきます。そのため、朝にしっかりと体内時計を調整することが重要となります。

どうやって調整していくのかというと、朝起きて日の光を浴びること。テレビなどでもよく聞きますよね。日の光を浴びることの何がいいのか。それは、ホルモンの分泌に関係してきます。

朝しっかり日の光を浴びることで幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されます。これは交感神経と副交感神経を調節する働きを活性化させて心のバランスを整えてくれるホルモンです。

逆にセロトニンが少ないとPMS(月経前症候群)が重症化してしまったり、食べすぎたりと女性にとっていいことなんて1つもないんです。ただ朝は1番忙しく、毎日が晴れな訳でもないですよね。

 

まずは曇りの日でも意識して窓際で食事すること。家で食べる時は窓の近くにテーブルを持っていく。モーニングされる方は窓際の席を選ぶ。これだけでも全然違います。

また午前中の外出を心がけること。休日に予定を入れたり、仕事の日にはできない用事を済ませたい人もいるでしょう。それらを全部午前中に前倒ししましょう。

そうすることで日の光を午前中に浴びることもできますし、午後からの時間に余裕が生まれるので自分の趣味などにも使えるようになります。

 

睡眠の必要性と対策

そして大事なのはもう1つ。夜の過ごし方です。

全く関係ないと思われるかもしれませんが、実はとても関係しています。

朝しっかりセロトニンが分泌されていると日没と共に暗闇を告げるホルモン、メラトニンが分泌されます。メラトニンは副交感神経が優位になり、心と体をリラックスさせてくれます

このメラトニンが分泌されずに副交感神経が正常に働かないと、体内リズムが狂ってしまい、疲れやすくなってしまいます。さらに、寝る前に副交感神経を優位にすることで質の高い睡眠をとることができるんです。

 

そして、質の高い睡眠を取るにはいくつかポイントがあります。

 

  • 夕方以降は間接照明にする
  • PCやスマホのブルーライトはカットする
  • カフェインを控える
  • 天然精油アロマなどリラックスアイテムを取り入れる

 

この4つ全て完璧にやらなくても大丈夫です。取り入れられるものからでいいと思います。先にも書いたように完璧にやることでストレスがたまる場合もあるからです。

 

まとめ

ストレスを感じやすい人の特徴

  1. 真面目すぎる
  2. 自分に厳しい
  3. なんでも完璧にしたい
  4. 仕事が趣味

 

ストレスに強い体質になるために、朝は起きたら日を浴びて体内時計をリセットさせる。

そして、睡眠の質を上げてホルモンの分泌を増やす。

 

いかがでしたか?無理に時間を作る、と言うよりは毎日の生活習慣と結びつけると時間を沢山取らなくてもバランスを取りやすくなったりします。

ただし、気をつけたいのは欲張らないこと。出来ることを1つずつ。慣れてきたらまた1つ、と徐々にやっていきましょう。大事なのは焦らないこと。貴女のペースでおこなっていきましょう。焦ってもいいことなんて1つもないのですから。

 

まずは出来そうなことから始めてみませんか?

 

☆追伸☆

”人生100年時代を健康に若々しく過ごす!”
 
ストイックにやるもよし!
好きなことしながら健康を手に入れるもよし!
 
わたしは甘いものも食べるし、お酒も飲みます。
身体に悪いものもちゃんと食べます(笑)
 
けれど、肌艶はよく
体型は常にキープできていて、病気一つしていません。
それにはちゃんとカラクリがあります。
 
そんな、ワガママに過ごせて
健康でいられる知識を多くの方に届けたいと思ってます!
 
みんなで健康&若さを手に入れましょうっ!
 
習慣や思考の学びは
公式LINEでお伝えしていますので
気軽に登録して見てください。
 
あなたの美しさは周りを幸せにします〜♪
 

友だち追加

 

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


 

The following two tabs change content below.
翔

過去に双極性障害を発症、大人になってから自閉症スペクトラムを診断された経験を活かし、現代を生きづらいと感じる方の心に寄り添いたい駆け出しカイロプラクターです。体だけでなく心も健康になるお手伝いをさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

翔

過去に双極性障害を発症、大人になってから自閉症スペクトラムを診断された経験を活かし、現代を生きづらいと感じる方の心に寄り添いたい駆け出しカイロプラクターです。体だけでなく心も健康になるお手伝いをさせてください。