深く眠るために気を付けることは?

んばんわ!

癒し整体院くつろぎの島田です。

 

 

深く眠るために気をつけたいこと
寝る直前に食事をしてしまうと、せっかくこれから休もうとする脳とからだに、新たな仕事を与えてしまいます。

胃にものが入ったまま横になると、食べたものが口のほうに逆流してきます。

げっぷや胸焼けなどもおこりやすくなるうえ、「逆流性食道炎」になりやすくなります。

 
アルコールを控えるのが大切です。

アルコールは、ノンレム睡眠でも浅い不安定な睡眠を増やしてしまいます。

なにより利尿作用があり、おしっこの量を増やすので、尿意のせいで睡眠が浅くなってしまいます。 イビキをするひとは、お酒でますますイビキがひどくなります。

これはアルコールにより、舌根という舌の付け根がゆるんでしまい、結果的にのどの空気の通り道が狭くなってしまうためです。

特に寝る前の飲酒は控えて、飲むなら食事に合わせましょう。
 

寝具について
ベッドや布団、枕も大切ですが、なかには高価でなかなか手が出ないベッドや羽毛布団もあります。

値段を見ればキリがないです。自分の予算に合った範囲で、寝心地の良いものを選びましょう。

横になった時にマットレスにかかる圧力の分布をセンサーで測ってみると、個人差がかなりあることが分かっています。

他人の評判だけを当てにせず、自分の感じる寝心地を優先して購入しましょう。

☆追伸☆

いくつになっても健康的にキレイでいたい女性のためのメルマガを発行しています。

よければご登録ください♪

 

ご予約はこちらから

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


The following two tabs change content below.
島田卓磨

島田卓磨

優しいタッチと呼吸で身体を整えて行きます。ボキボキする痛い整体はしません。1人1人にあったオーダーメイドの施術をさせて頂いてます。多くの方が笑顔になって頂けるようにいつも心掛けています。
島田卓磨

最新記事 by 島田卓磨 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

島田卓磨

優しいタッチと呼吸で身体を整えて行きます。ボキボキする痛い整体はしません。1人1人にあったオーダーメイドの施術をさせて頂いてます。多くの方が笑顔になって頂けるようにいつも心掛けています。