コロナウイルス対策はかからないより、かかってしまった対策を。

ロナウイルスにインフルエンザ、風邪も油断できない今日この頃。

日本でも各地に発症している方が出てきていますが

対策はできていますか?

 

いや、手洗いするとかマスクを使うとかそういうのじゃなくて。

もし、感染してしまったときに重症化しないための対策の話です。

 

インフルエンザも一緒ですが、同じ環境にいてあの人とあの人は感染ったのに

この人には感染ってない。

そんな経験ありませんか?

 

結局、体内で発症して悪化するかどうかの話になるのですが、この大小は日頃の免疫力にも大きく影響します。

今回は、免疫力が心の問題でも下がってしまうというお話をしていきますね。

 

ぜひ、もしもの時に備えて、”出来ること”を行って欲しいと思います。

 

不安、心配は必要以上にしない

不安、心配は必要以上にしない

毎日、朝から夜までコロナウイルス、コロナウイルス。

どのチャンネルを回しても同じことを言っている。

 

いや、そりゃ大変なのはわかるけどさ・・・。

そこまで煽り立ててたら、みんなストレスで病気なってしまうわ!(本末転倒やん)

 

コロナウイルス、日本に来るなー!!

みたいな、自分ではどうにもしようがないことは考えるのやめましょ。

自分でどうにもできないことに悩んでも解決策が出ないので、その時間はムダです(;^_^A

 

最低限、自分ができることだけ考えてそれをやる。

出来るだけのことをやったら、それ以上は必要以上にテレビを観て不安にならない。

 

子どもにお水を運んでもらうとき

「こぼさないように、気を付けて運んでね!」

って、不安を全面的に押し出したようなコメントをすると

その言葉の通り、子どもは水をこぼす確率が上がります。

 

頭に思い描いたことは、現実になりやすく

ストレスは、体の免疫力を落とすので不安や心配はしすぎず

日々の楽しいことに目を向けて過ごしてみてください。

 

人生、同じ時間を使うなら楽しいこと考えながら楽しいことしてる方が楽しいでしょ?(なんて当たり前のことを。笑

 

コロナウイルスの対策は、基本風邪予防と一緒

ウイルスに感染しないように対策としてマスクをしたり手洗いをしっかりしたりしている人は多いと思います。

 

ただ、もしウイルスが体内に入ってきて発症した場合

重症化しないための対策として行動をしている人はどれくらいいますか?

ちなみに、私は人より怖がりビビリくんなのでそちら側を普段から意識して徹底的に過ごしております。

 

「先生ストイックですよね」とか言われますが、ちゃいます。

誰よりも、痛がりで怖がりなだけです(笑)

それが嫌だから、その対策を当たり前のようにやっているだけのことです。

 

ということで、コロナウイルスも対策は結局風邪対策と同じことくらいしかできることはないので

どういったことをすればよいのかをお伝えしておきますね。

 

風邪(コロナウイルス)対策
対策1:質の良い睡眠

寝る1時間前にはテレビやスマホの画面を見ない、食べ物飲み物も摂らない
寝る時間と起きる時間を日頃ズレが無いように心がけるなど、出来ることから工夫してみてください。

対策2:適度な運動

ウォーキング程度でよいので1日20~30分、軽く心拍数が上がってハァハァなるくらいがよいです。
あまり激しい運動まではしなくても大丈夫(^^)b

対策3:こまめにお水を飲む

血液がさらさらであることが、代謝の良い、免疫力の高いカラダの必須条件なのでココは最低限おこなって欲しいです!
あと、こまめに飲むことで菌が入ってきても胃まで落として胃酸でやっつけてくれることの期待が出来ます^^

対策4:とにかく笑う

笑うことは免疫力を上げるのに最高に効果的です!
上記でお伝えした、ストレスを受けているとストレスホルモンで免疫力も下がってしまうため
ぜひ、毎日楽しいことにフォーカスして過ごしていきましょ~♪

 

 

感染の疑いや相談窓口はこちら

感染の疑い、相談窓口はこちら

とは言っても、子どもや年配の方が周りにいるから心配だわ~という方は、いざというとき相談が出来るよう

厚生労働省のサイトをご紹介しておきます。

心配して、日々過ごすくらいならなるべく早くその悩みを解決させて、普段通り元気に過ごしましょう~って感じです!

 

>>> 新型コロナウイルスに関する相談センター

 

まとめ

全国的に猛威を振るっているコロナウイルスですが、

不安を感じすぎることは、カラダにも良くないし人生勿体ないです!

かからない対策として、手洗いやマスクをしつつ

もしかかってしまったときのための免疫力を高める対策

  1. 質の良い睡眠
  2. 適度な運動
  3. こまめなお水摂取
  4. とにかく笑顔

この辺りを意識して、日々過ごして頂けたらと思います。

 

その辺りのお話を動画でも紹介していますので、よければご覧ください。

元気に過ごせることを心から願っております。

 

 

☆追伸☆

健康であることと、病気ではないことはイコールではありません。

いつ倒れてもおかしくない状態は、常に精神的にもストレスを感じているのでちょっとしたことで怒りやすくなったり、ため息をしがちに。

身体に余裕がないときは、いつもよりイライラしやすいって経験ありませんか?

落ち込んでいるときは、身体が重だるい動きたくない~ってありませんか?

 

そんなときは、一気に吹き飛ばす魔法の飲み物エナジ~●●●…は、

疲れの後回し(負債の蓄積)なので貯まると大爆発を起こしかねません。。。

 

継続は苦手、難しいことはできない

好きなことはしたいし、食べたい。

そんな、わたしと同じような考えの方のお手伝いをするオンライン習慣サポートを2020年11月よりスタートいたしました。

 

初月は無料でご案内していますので、ぜひまずは自分が健康になって周りの人たちの健康を守りたい!という方は一緒に健康になる習慣を身につけましょう^^

 

健康に対してなんとかしなきゃいけないけど、一人じゃ難しいという方お待ちしております。


お得なクーポンや、健康・美容を自ら手に入れるための知識などを提供中!

まずは気軽にご登録ください♪

 

ご予約はこちらから

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


 

The following two tabs change content below.
小森 博史

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。