ダイエットに失敗しない秘訣

格や生活に合わせた習慣サポートで
不調からの卒業を提供しています、健康習慣コンシェルジュの小森です。
 
 
ダイエットは、自分が2年間で20キロ落とせたこともあり今回の題材としていますが
仕事でも運動でも通用する「習慣化」のテクニックをお話しします。
 
ということで
ダイエットとなると、自分でやるなら選択肢として食事制限をするか運動をするかが出てくると思います。
 
仮に運動は1日3キロ走ろう!と決めたとしましょう。
1日目。無事走り切る。
2日目。雨が降っているのでやめる。
3日目。急に寒くなったのでやめる。
4日目。仕事で遅くなったのでやめる。
 
 
さて、この方はダイエットに成功するでしょうか。(笑)
 
 
走ることを中心に考えていたのであればおそらく失敗に終わると思います^^;
 
もしかしたら、こういう経験あったりしませんか?
小森は2日目の雨が降ってるのでやめる。を結構やっていたのを覚えています!(なぜ強気?笑
 
こうも、続かないと習慣にするなんて絶対無理ですよね。
 
だけど、考えてみてください。
「よし!走るぞ!」って決めた時点でよくよく考えたら
上記の問題点って考えれば出てきそうな気がしませんか?(笑)
 
 
そうなんです。
何かをするためには、それをしようとした時に現れる障害はなんだろうか?
と事前準備をしておくことが大切。
 
 
  • 雨が降ったら、家でスクワットをする。
  • 急に寒くなったら、吸水性の良い防寒具を準備しておく。
  • 仕事で遅くなったら、晩御飯を控えて食事制限をする。
 
など、書き出したものに対して
 
もし〜だったら◯◯をする。
というふうに、代替え案を用意しておくとよいですね
 
ぜひ、何かをやろうとしたら
それをやるにあたって出てきそうな問題点はなんだろうか。
と考えるクセをつけてみてください。
 
 
スティーブ・ジョブスもとても慎重な方で
これだけやっていれば失敗する方がおかしい!と思うくらいまで準備をされてプレゼンをされていました。
これこそ、成功者に学ぶってやつですね。
 
 
どうぞ、色々な場面で試してみてください(^^)
 
 

☆追伸☆

健康であることと、病気ではないことはイコールではありません。

いつ倒れてもおかしくない状態は、常に精神的にもストレスを感じているのでちょっとしたことで怒りやすくなったり、ため息をしがちに。

身体に余裕がないときは、いつもよりイライラしやすいって経験ありませんか?

落ち込んでいるときは、身体が重だるい動きたくない~ってありませんか?

 

そんなときは、一気に吹き飛ばす魔法の飲み物エナジ~●●●…は、

疲れの後回し(負債の蓄積)なので貯まると大爆発を起こしかねません。。。

 

継続は苦手、難しいことはできない

好きなことはしたいし、食べたい。

そんな、わたしと同じような考えの方のお手伝いをするオンライン習慣サポートを2020年11月よりスタートいたしました。

 

初月は無料でご案内していますので、ぜひまずは自分が健康になって周りの人たちの健康を守りたい!という方は一緒に健康になる習慣を身につけましょう^^

 

健康に対してなんとかしなきゃいけないけど、一人じゃ難しいという方お待ちしております。


お得なクーポンや、健康・美容を自ら手に入れるための知識などを提供中!

まずは気軽にご登録ください♪

 

ご予約はこちらから

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


The following two tabs change content below.
小森 博史

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。