夏の疲れ、自律神経が乱れる体温との関係

は、自律神経乱れて不調が出やすい季節です。
 
 
小森は、あるものと出会ってから
基礎体温が35.4度から36.8度まで上がったおかげで
暑さに強く、体調を崩すこともありません。
 
 
夏はなぜ、自律神経が乱れやすいのか。
カラダがしんどくなりやすいのか。
 
そして、
実は1年通して一番太りやすい時期、それが夏なんです。
 
その理由をお話していきます^^
 
 
 

夏はエコモード

 
 
まず
”基礎代謝”というものは
栄養素から活動のエネルギーを作っています
 
 
そして
”体温維持”には
基礎代謝の75〜80%の熱量を使用します
 
 
人間(哺乳類)は恒温動物で
”自ら体温を一定に保つことができる”なかなか優秀な生き物なため
 
 
夏は自分で熱を作ることを
しなくてもいいんです。
 
 
 

夏が一番太りやすい理由とは…

 
 
 
 
気温が高いということは体温も高い状態で保ててしまうので
基礎代謝量(自分で作る熱)が少なくなります。
 
 
さらに暑いから、とかダルいからと言って
運動量が減ることも重なると…
 
 
  • 体温維持に使う熱量は確実に減ります
  • カラダは冷えやすくなります
  • 一度冷えると暖まりにくい体質になります
 
 

食べ物×胃腸の負担×クレブス回路低下

 
夏は食べるものもお蕎麦やそうめん、冷やし中華などといった
 
・冷たい
・あまり噛まない
・炭水化物多め
 
になり胃腸の負担になったり栄養不足になったりしがち。
 
 
栄養不足は
熱を作るクレブス回路が低下しますので
 
 
1年を通して
夏の時期、実は・・・・
 
 
”一番太りやすい時期”
 
 
要注意でございます!!
 
 
 

クーラーもストレスに…

 
体温調整というのは
脳の視床下部が関係しているのですが
 
 
日常のストレスに加えて
外部環境(暑さ寒さ)を受けることで
自律神経の乱れから体調不良を起こしやすい
時期になっています。
 
 
暑くてもストレス。
寒くてもストレス。
 
 
あ~難しいっ!
 
 
 

まとめ

 
1.基礎体温が高くて
外気温と差がない方がカラダは楽。
 
2.熱中症は気をつけるべきだけど
運動や、湯船に浸かるなど
代謝(体温を上げること)を上げる行動は
しっかり行う。
 
3.暑い時こそ、
熱いものを食べるなどして
体温調整の役割をしてくれる”汗”をしっかりかく。
 
 
気になることや
質問等ありましたら
ご連絡ください^^
 
 
健康寿命を最大化させていきましょう!
 
 

☆追伸☆

いくつになっても健康的にキレイでいたい女性のためのメルマガを発行しています。

よければご登録ください♪

 

ご予約はこちらから

06-6151-3926
平日10時?22時 土日祝10時?18時

定休日:木曜日

オンライン予約
癒し整体院くつろぎのメニューはこちら


 
 
10秒であなたの体を「楽」にします! 
癒し整体院 くつろぎ
大阪府豊中市寺内2-2-22 シャトーエデン103号
 
公式ホームページはこちら https://kutsurogi-1.com/ 
 
 
The following two tabs change content below.
小森 博史

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小森 博史

心と体と考え方を整える整体師小森です。 自身のダイエットで20キロ減した経験を活かし、健康について施術や講師としてお伝えしております。 介護しないされない、美しいカラダを保ち続けるお力になれたら幸いです。